カードローン審査に合格するにはまずカードローンをよく知ろう

普段のちょっとしたお金の不足に役立つのがカードローンです。
しかし、総量規制対象外カードローンを利用するには、審査に合格しなければいけません。
「審査にはぜひ合格したい」と誰でも思うでしょう。
それにはまずカードローンの性質と審査のポイントをつかんでおく必要があります

 

カードローンとは?

カードローンとは文字通り借入専用のカードを使用してお金を借りるローンのことです。
審査に合格すると借入専用のカードが発行されます。
そのカードをATMやCDに投入して現金を引き出すことで借入が成立します。
ちょうど銀行のキャッシュカードで現金を引き出す要領ですが、あくまで借金で自分のお金を引き出すわけではありませんので注意しましょう。

 

最近は借入カードを直接使用しないで、融資金を指定した金融機関の口座に振り込むサービスが付与しているカードローンも多くなっています。
電話やインターネットから申し込みを行うと、早ければ瞬時で振込が完了します。
通常振込手数料は発生しませんので、費用負担を気にすることなく便利に利用できるようになっています。

 

総量規制対象外のカードローンでも借入可能な借入限度額が設けられています。
借入限度額に空き枠があれば、基本的にいつでも自由に借入を行うことができます。
一度借入を利用しても、その後の返済により空き枠が生じれば、いつでも自由に追加で融資を受けることができます。
契約種別は「当座貸越契約」となっており、この「いつでも自由に追加で借りることができる」というのがカードローンの最大の特徴といえるでしょう。

 

借りたお金の使い道(資金使途)も通常は利用者の自由に使うことができます。
ただし競馬やパチンコなどのギャンブルや株式投資などの投機性資金としての利用は禁止されています。
カードローンは基本的に個人融資ですので、法人経営や個人事業主の事業資金としても利用はできません。
ただし金融機関によっては事業資金としても利用できる「事業性カードローン」なども商品化しています。

 

借りることのできる金額は数十万円単位から数百万円単位が一般的です。
中には1,000万円を越える大口カードローンも商品化されています。
ただしこれだけの借入をカードローンで利用する機会もあまり無いのではないでしょうか。

 

カードローンは基本的に「無担保・無保証」の個人ローンです。
利用に際しては担保を提供したり、保証人を準備する必要はありません。
逆にいえば担保や保証人を当てにした利用はできないということです。
あくまで利用者本人の収入からの返済が求められます。

 

カードローンの審査とは?

カードローンを利用するには必ず審査を受けて合格する必要があります。
街中の金融業者の中には「無審査でお貸しします」「誰でも即融資」といった宣伝を掲げている業者も存在しています。
一見魅力的に思えますが、決して騙されてはいけません。

 

お金を借りることができるかわりに、法外な利息や手数料を請求されることになります。
中には暴力団関係者が出入りしている「ヤミ金」業者も少なくありませんので注意しましょう。

 

カードローンは基本的に「無担保・無保証」の個人ローンです。
そのため利用者本人の返済能力が重要になってきます。
貸したお金がきちんと(利息を合わせて)返済されるかどうかを、厳密な審査を行い判断する必要があります。

 

カードローンの審査が不安な方は、審査のゆるい金融業者を探す傾向にあります。
しかしそうなると先ほどのヤミ金などの悪徳業者に引っ掛かるかもしれません。
そこまでいかなくてもどうしても金利の高い金融業者を選んでしまい、結果的にかなり条件が悪い契約をすることになるかもしれません。

 

ただし審査基準は一般的に公表されません。
年収などの審査基準は非公開ですので、実際に審査に合格するかどうかは審査結果を待つしかありません。
もうひとつやっかいなのが審査基準は各社で異なるということです。
ある金融業者で不合格となっても、他社で合格できることもあります。
この2点がカードローン審査に対する難しさを表現しています。

 

それでも審査の目的が「利用者の返済能力の判断」にある以上、ある程度のボーダーラインを想像することは可能でしょう。
そしてその「ボーダーライン」は各社それほど大きくは変わらないはずです。

 

「貸したお金を確実に返済できる」のであれば審査を不合格とする理由はありません。
逆に「貸したお金が返済できないリスクがある」のであれば不合格と判断するでしょう。
自分自身の返済能力をある程度判断することで、審査に合格できる可能性も高くなるだけでなく、無理して高い金利の金融業者を利用する必要も無くなるといえるでしょう。

 

カードローン審査のポイントとは?

それではカードローン審査のおさえるべきポイントとはどこにあるでしょうか。
審査と聞くと、真っ先に「収入の多さ」を思いつくかもしれません。

 

収入額は確かに重要なポイントですが、より重視されるのは「安定した収入」です。
例えば前月は月収60万円だったが今月は0円の方と、と毎月コンスタントに月収30万円を挙げている方では、後者はより審査では高い評価を得ることができます。

 

この点は利用者の勤務状況が大きく影響してきます。
公務員や大企業に勤めている方は審査でも高評価を得ることができるでしょう。
逆に零細企業に勤めている方や、個人事業主の経営者などは「安定した収入」という点では厳しく判断されます。

 

また勤続年数も審査における重要項目のひとつです。
同じ勤務先に長い期間勤めている方と、収入自体は多いがちょくちょく転職されている方では、審査上は前者が有利となります。
後者ではすぐに転職してしまい「安定した収入」が確保できないリスクがあると判断されるのです。

 

この他審査のポイントとしては次のような項目を挙げることができます。

 

  • 勤務形態(正社員、契約・派遣社員、パート、アルバイト)
  • 居住形態(家族持家、自己持家、賃貸)
  • 居住年数
  • 家族構成
  • 年齢
  • 電話形態(固定電話、携帯電話、もしくは両方)

 

これらの項目を総合的に比較して利用者の返済能力を判断するのが審査のポイントです。

 

審査と個人信用情報

 

またカードローン審査に大きな影響を与えるのが「個人信用情報」です。
カードローンの他、各種個人ローン、クレジットカードの利用情報は、金融機関が加盟している「個人信用情報機関」の情報として登録されることになっています。
審査では必ず個人信用情報の確認が行われ、問題が判明するとまず審査に合格することはできません。

 

一番不利となるのが個人信用情報での「事故情報」です。
過去の長期の延滞(概ね3ヶ月以上)や債務整理(自己破産や民事再生など)の情報が記録されている間は、審査には合格することはできないでしょう。
これらの情報は少なくとも発生から5年以上は保存されますので、この期間はまずカードローンの利用はできないといえるでしょう。

 

また現在の借入状況も大きなウエイトを占めます。
特に「総量規制」の対象となるカードローンは、借入総額が年収の3分の1を越えることはできません。
現在借りている残高(借入残高ではなく借入限度額ベース)と新たに借入しようと考えている金額の合計が、年収の3分の1を越えている場合は、審査にも合格することはできないでしょう。

 

これらの情報は申し込みの段階で必ず申告する必要があります。
仮に偽って申告した場合、それだけで審査に合格することができなくなります。
嘘の申告をしなくても十分合格できるだけの内容であったとしても、「嘘の申告」自体が致命傷となるのです。
審査の初期段階で個人信用情報は必ず確認されますので、間違っても嘘の申告は行わないようにしましょう。